試合結果

平成25年度 全日本学生ダートトライアル選手権大会 試合報告書

去る8月4日(日)に行われました平成25年度全日本学生ダートトライアル選手権大会の試合結果につきまして、以下にご報告させて頂きます。


開催日:平成25年8月4日(日)
開催場所:丸和オートランド那須(栃木県)

(男子団体の部 出場19校)


順位

学校名

総合タイム

優勝

日本大学

4分49秒649

準優勝

千葉工業大学

4分51秒081

3位

東海大学

4分51秒767

4位

本塾

4分52秒724

5位

広島大学

4分54秒018

6位

甲南大学

4分54秒037

(男子個人の部 出場57名)


順位

氏名

学校名

タイム

優勝

岡 翔太

甲南

1分33秒595

準優勝

奥村 大地

東海

1分34秒853

3位

多門 寛晃

千葉工業

1分35秒589

4位

関 祐介

本塾

1分35秒851

5位

中野 一輝

日本

1分36秒001

6位

渡部 哲成

日本

1分36秒087

16

戸田 敬介

本塾

1分37秒844

26

紺戸 瑛介

本塾

1分39秒029

(女子個人の部 出場11名)


順位

氏名

学校名

タイム

優勝

末岐 華穂

関西学院

1分47秒294

準優勝

田村 真理子

日本

1分47秒477

3位

沼田 あゆり

東海

1分47秒568

5位

渡辺 美幸

本塾

1分48秒274

本年度の全日本学生ダートトライアル選手権大会は、全関東戦と同様、丸和オートランド那須にて開催されました。選手には、こちらも全関東戦と同様に主将・関(経4)、主務・紺戸(経4)、戸田(理3)の3名を選出し、副将・渡辺美幸(看4)も女子個人戦に出場しました。
男子団体の部は、8位に終わった昨年の雪辱を果たすべく、また女子の渡辺も上位に食い込むべく、できる限りの練習機会を設けて試合に臨みました。
試合車は、男子はホンダDC2インテグラ、女子はホンダEG6シビックでした。
迎えた試合当日、快晴のもと競技は開始されました。
第一走者の紺戸は、慎重かつ安定した走りでしっかりと記録を残します。続く第二走者の戸田は、気合が入りすぎて第一コーナーで突っ込みすぎてしまい、スピンしかけて失速してしまいました。第三走者の関は、まずは記録を残すことに重点を置きつつも、メリハリのある走りによって午前終了時点で個人3位となり、本塾は団体も3位につけます。渡辺は慎重を期して1本目は手堅くまとめ、午前終了時点で女子個人6位につけます。
選手は昼休みの慣熟歩行を入念に行い午後の2本目に臨みました。第一走者の紺戸はタイムアップが期待されましたが、シフトミスによりバランスを崩して痛恨のスピンを犯してしまいタイムアップができませんでした。優勝戦線に残るために大幅なタイムアップが必至となった第二走者の戸田は、そのプレッシャーを跳ね除けて8秒近くタイムアップし、午後の第二走者の走行終了時点で本塾は団体順位を2位まで上げます。そして、第三走者の関はこれぞエースと言わんばかりの全開走行で、個人トップタイムを叩き出します。
しかし、その後の各校のエースドライバーが関を上回る好タイムを出したため、男子団体の部は優勝校とのタイム差が3秒08で4位という結果に終わりました。
男子個人の部では関が4位入賞、戸田は16位、紺戸は26位でした。一方、女子の渡辺は練習の成果をいかんなく発揮し、午前よりも6秒以上タイムアップに成功しましたが、他校も奮闘した結果、トップから1秒以内に5人が入るという大混戦となり、渡辺は個人5位に終わりました。
本大会は、エースの関の好タイムを生かしきれず、もう一歩のところで優勝を逃した非常に悔いの残る大会となりました。しかしながら着実にチームの実力は向上しています。
8月下旬の全日本ジムカーナに向けてこの悔しさをエネルギーに換え、車両の整備など足元をしっかりと固め、選手の技術向上を図りつつ今年最後のスピード競技に部員全員一丸となって全力で臨む所存です。