試合結果

平成25年度 早慶対抗ジムカーナ定期戦 試合報告書

去る3月2日(土)に行われました、早慶対抗ジムカーナ定期戦の試合結果につきまして、以下にご報告させて頂きます。


開催日:平成25年3月2日(土)
開催場所:筑波サーキットジムカーナコース(茨城県下妻市)

 団体の部 

順位 学校名  総合タイム
優勝 慶應義塾大学 3分35秒90
準優勝 早稲田大学 3分38秒30

 

出場選手結果

 

順位 氏名(学年)  総合タイム
1位 五月女 敦(早4) 1分8秒44
2位 井田 翔太(早4) 1分8秒55
3位 戸田 敬介(理3) 1分9秒61
4位 関 祐介(経4) 1分10秒88
5位 大崎 悠悟(総3) 1分11秒47
6位 原田 和樹(早3) 1分13秒45
7位 岩脇 彩香(早3) 1分13秒55
8位 赤江 誠(早4) 1分13秒70
9位 白井 智也(早3) 1分14秒10
10位 松井 慎治(早4) 1分14秒67

11位

櫻庭 彬生(理3) 1分14秒84
12位 佐野 勝也(理2) 1分15秒41
13位 梁 貴泰(法3) 1分15秒83
14位 小川名 太一(理2) 1分15秒93
15位 杉崎 裕一(早2) 1分16秒41
16位 石塚 雄太(早2) 1分16秒61
17位 青山 広明(早2) 1分16秒67
18位 渡辺 美幸(看4) 1分19秒15
19位 北川 剛(早2) 1分19秒61
20位 村田 知優(理2) 1分21秒14
21位 山岸 優太(早2) 1分24秒55
22位 小川 雄人(早2) 1分30秒83
23位 武元 壮輝(早2) 1分26秒06
- 清宮 大(経2) ミスコース
- 五十嵐 将司(理2) ミスコース
- 橋本 美咲(早2) ミスコース

 

各選手は設定されたコースを2本走行。
2本のうちの速いほうのタイムを記録として採用し、個人順位を決定。
団体順位は、各学年で最も速かった者(4、3、2年生の一人ずつ、タイム表のハイライトされている選手)3名の合計タイム
で決定。
試合車は公平性を維持するため、両校とも、同車種同型式を使用。(EP82スターレット)
同様にタイヤも同一種類のラジアルタイヤとした。(DUNLOP DIREZZA ZⅡ  185/60/14)

2013年シーズンの幕開けとなった今大会、早慶対抗ジムカーナ定期戦が筑波サーキットジムカーナコースで行われました。伝統ある早慶戦かつ今年度の初戦は、いつも以上に重要な試合です。試合車は昨年に続きEP82スターレットを使用しました。

今年は活動開始を2月2日からと早め、EP82のミッションや足回りを改良し、走行会やジムカーナ新人戦に出場するなど例年になく周到な準備と練習を行いました。

試合のコースは両校の新OBが作成し、当日発表のクローズドコースの形式を取ります。

試合当日は晴天でしたが、風がとても強い中、競技が行われました。今年のコースは例年以上に難コースだったため、1本目の走行ではミスコースが目立ち、出場26人中11人がミスコースしました。

2本目では、本塾主将の関(経4)がタイムのジャンプアップを試みましたが、後半のターンで失速し、両校の4年生が走行を終えた時点で2秒の差をつけられるという厳しい状況に追い込まれました。しかし、その後本塾戸田(理3)が個人3位となる快走を見せ、両校の3年生まで走行を終えて約2秒のリードを奪い返します。そして、続く本塾佐野(理2)が安定した走りで早稲田の2年生に1秒の差をつけ、結果として団体で3秒の差をつけて本塾が優勝し、昨年の雪辱を果たしました。

個人の部では戸田(理3)が3位、関(経4)が4位、大崎(総3)が5位に入賞を果たしました。また、佐野(理2)が、12位(/26人)に入り、新人賞を獲得しました。

今回の一戦、勝因は十分な基礎練習によって技術が底上げされた下級生が上級生のミスをカバーし、今年度のチームのスローガンである「一致団結」が実現したことに他なりません。今回活躍した2、3年生の部員は、来る5月の全関東ジムカーナに向けて、上級生に実力で勝って試合に出場するつもりで練習に励み、各部員が切磋琢磨しながら一丸となって今後の活動に臨んで参る所存です。