試合結果

2021年度 五大学対抗フィギュア定期戦 試合報告書

去る11月7日(日)に行われました2021年度 五大学対抗フィギュア定期戦の試合結果につきまして、以下にご報告させて頂きます。


開催日:2021年11月7日(日)
開催場所:日吉キャンパス自動車部練習場(イタリア半島)

戦評

去る117()、慶應義塾大学自動車部日吉練習場に於いて、2021度五大学対抗フィギュア定期戦が開催されました。

選手は選考の結果を踏まえ、小型乗用の部に相方(4)、小野(3)、小型乗用の部女子に早川(1)、小型貨物の部に坂田(4)、菰田(3)に加え小型貨物の女子の部に呉安(2)という布陣で試合に臨みました。
本大会は新型コロナウイルスの影響で例年とは異なり、参加校は与えられた時間内にて交代制の練習を経て開催されました。本塾部員は選手・オープン枠参加問わず万全の準備をして当日を迎えました。当日は新型コロナウイルスの感染対策に細心の注意を払い、競技が行われました。
小型貨物の部で最初の出走となった菰田は、終始丁寧な走りを心がけながらも果敢に攻め立て、342秒脱接無しで走行を終えますが焦りから惜しくも同乗原点をつけてしまいました。続く乗用の部の相方もキレのある動きで414秒の好タイムを記録し、1位で走行を終えました。
小型乗用の部女子で出走した早川は、1年生で大会初出場でありながら懸命な走りを見せますが、コース終盤の足切りポイント直前で惜しくもタイムオーバーとなり記録を残せませんでした。

また女子の小型貨物の部の呉安は、練習から苦手としている部分を本番では克服し脱接なしの624秒で2位の結果を残しました。
そして小型貨物の部第2走者の坂田は、練習の成果を遺憾なく発揮し43秒脱接及び同乗減点なしの素晴らしい成績を残しますが、やや慎重な走りにより5位の記録となりました。続く乗用の部の小野は、相方に続き430秒と脱接のない安定した走りを見せ2位の記録を残しました。


以上の結果をもって、本塾は男子団体の部において2位の早稲田大学の70点の大差をつけて待望の優勝を果たしました。

全関東フィギュアに続き、フィギュア競技に於いて2連続で団体優勝の記録を胸に残す全日本フィギュア、そして全日本ジムカーナ、早慶戦に向けて部員一同さらなる努力を続けて参る所存です。
今後とも自動車部に一層のご指導・ご鞭撻を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

 

○今後の大会スケジュール

1123日(火・祝) 全日本学生自動車運転競技選手権大会

(於・警視庁 交通安全教育センター)

 

125日(日) 全日本学生ジムカーナ選手権大会

(於・鈴鹿サーキット国際南コース)

 

1218日(土) 早慶対抗ジムカーナ定期戦

(於・イタリア半島)

 

1219日(日) GT Young Challenge 2021 決勝大会

(於・東京ミッドタウン日比谷 BASE Q

 

以上