試合結果

平成30年度早慶対抗ジムカーナ定期戦 試合報告書

去る12月1日(土)に行われました、平成30年度早慶対抗ジムカーナ定期戦の試合結果につきまして、以下にご報告させて頂きます。


開催日:平成30年12月1日(土)
開催場所:日吉キャンパス自動車部練習場(イタリア半島)

去る121日(土)、慶應義塾大学日吉キャンパス 自動車部練習場にて、平成30年度早慶対抗ジムカーナ定期戦が開催されました。本大会は本年度最後の大会となり、全日本学生自動車連盟年間総合杯優勝の勢いにのって部員一同全力で臨んだ試合でありました。

 早慶対抗ジムカーナ定期戦は部員全員が出走する数少ない団体戦であります。団体順位は各学年で最も速かった者のタイムを合算し、合計タイムで競います。昨年とは違い、今年は1年生も出走し、そのタイムも団体戦結果に反映されたため本当の意味での総力戦となりました。また、昨年は午前午後で両校がそれぞれ作成したコースをそれぞれ12本ずつの計4本走行しておりましたが、今年は主催校の早稲田が作成したコースを午前午後で1本ずつの1人計2本走行する形になりました。

 午前は全体の第1走者を務めた近藤有理(理4)が55秒台の安定した走りを見せ、その後走行した高橋幸輝(経4)と馬場悠太朗(商4)が二人とも53秒台という好タイムを記録しチームに勢いをつけました。しかし4年生最終出走の安武優希(理4)が痛恨のミスコースをしてしまいました。下級生もその流れを変えることができずに、3、2、1年生とミスコースが相次ぎ、午前終了時の団体戦途中結果で早稲田に4秒差をつけられてしまいました。

 そして迎えた午後の走行、馬場悠太朗(商4)が52秒台を記録しますが、早稲田の4年生のトップタイムに0.4秒遅れをとってしまいました。続く3年生の城戸崚(経3)も渾身の走りで52秒台を記録しますが、早稲田の3年生に1秒差をつけられてしまいました。2年生も54、55秒台を連発しますが、早稲田の2年生に52秒台を午前時点で記録されており、かなり厳しい結果となってしまいました。最後に出走した1年生は相方志悠(法1)が57秒台を記録しますが、早稲田の1年生に54秒台を記録されてしまいました。

 結果は、団体戦では準優勝となり早稲田に負けてしまいました。個人では馬場悠太朗(商4)が4位入賞がやっととなりました。

 本大会は一年を締めくくるつもりで全力で臨みましたが、内容としては早稲田に完敗でした。特に個人2位、3位が早稲田の2、3年生となっており、塾自動車部としましては来年に向けて大きな課題が残る結果となりました。

 この大会をもって4年生は引退となります。監督コーチ、OBOGの皆様方には多大なるご指導ご鞭撻を賜り誠に有難うございました。来年も現3年生が中心となり、必ず素晴らしいチームを作り上げてくれると確信しております。来年度も変わらぬご支援の程、宜しくお願い致します。