ニュース

2022-08-21 試合速報

速報 2022年度 全日本学生ジムカーナ選手権大会 男子第2位、女子第6位

令和4821()に鈴鹿サーキット国際南コースにて開催されました2022年度全日本学生ジムカーナ選手権大会において、本塾は男子団体戦準優勝、女子団体戦6位となりました。

 

 

男子団体順位は3人の合計タイムにより、以下の通りとなりました。

 

優勝 日本大学  34592

準優勝 本塾     34628

3位 芝浦工業大学   34641

4位 早稲田大学 34867

5位 中央大学   35037

 

 

また、男子個人順位は以下の通りとなりました。

 

優勝 本塾  小野 徳馬 11389

準優勝 日本大学  菅 歌月    11402

3位 芝浦工業大学  下村 渉     11421

.

6位 本塾 菰田千也     11472

36位 本塾 渡邉 龍之信 11767

 

女子団体順位は3人の合計タイムにより、以下の通りとなりました。

優勝 早稲田大学 23855

準優勝 同志社大学 24318

.

3位 広島大学 24570

7位 本塾   30479

 

また、男子個人順位は以下の通りとなりました。

 

優勝 早稲田大学 小林 眞緒 11881

準優勝 日本大学 丸島 千波 11892

.

8位 本塾 早川 杏樹 12466

17位 本塾 井上智尋 14013

 

 

本大会は渡邉(4)が補欠から選手へ繰り上げられ、不測の事態の中で今まで以上にチーム一丸となって戦う事が求められる大会となりました。

 

当日は朝から雨が降っていた為、路面状況が悪く満足な走りができない選手が多い中、第一走者の渡邉(4)は練習の成果を遺憾なく発揮し、安定した走りで11911というタイムを残します。続く菰田(4)は前日の勢いをそのままに果敢にチャレンジしますが惜しくも脱輪二を記録してしまいます。そして、第三走者の主将の小野(4)は第三走に相応しい走りで午前トップタイムを記録します。しかし、他大学も路面状況に合わせて好タイムを記録し、本塾は午前団体9位に留まります。

 

午後は第一走と第二走目の渡邉(4)、菰田(経済4)がタイムアップを果たし、本塾は団体一位を奪還します。しかし、その後の他大学の走者が好タイムを残し本塾は二位に順位を落とします。そして、チーム全員の期待を乗せた本塾最終走者である小野(4)は主将の意地を見せ、本大会ベストタイムを叩き出し本塾を団体一位に押し上げます。優勝を目の前に逃げ切りムードの本塾でしたが、今大会の最終走者である日本大学の第三走者がタイムアップをし、再逆転をされてしまった為、本塾は惜しくも準優勝という結果となりました。

 

女子団体戦では、井上(2)と早川(2)が初めて走る鈴鹿サーキット国際南コースを果敢に攻め、ベストを尽くすも他大学のタイムには至らず団体7位という結果になりました。

 

大会当日は監督コーチ、OBOGの皆様方に多大なるご指導、ご鞭撻を賜り誠に有難うございました。

 

本大会結果の詳細につきましては、追って掲載いたします試合報告書をご覧ください。